折板屋根と施工方法

ルーフシェードが取付可能な屋根に関して

ルーフシェードは、折板屋根にのみ取付が可能です。折半屋根はボルト式・ハゼ式などが代表的な形状となります

折板屋根ボルト式
折板屋根の屋根の取り付け方の形状で、屋根にボルトで固定しているタイプ

折板屋根ハゼ式
折板屋根の屋根の取り付け方の形状で、折板同士を互いに折込ことで接合しているタイプ

特殊なブラケットを使用することにより、下記形状の折板屋根にも取付が可能です

折板屋根BL500
BL500

折板屋根BL600
BL600

折板屋根スーパールーフ66
スパールーフ66

折板屋根三晃式瓦棒茸
三晃式瓦棒茸

折板屋根丸ハゼ式瓦棒茸
丸ハゼ式瓦棒茸

折板屋根日輪折板馳2型
ハゼ嵌合式A 日輪ハゼⅡ式

折板屋根ハゼ嵌合式A
ハゼ嵌合式A HK500

折板屋根立平葺A
立平茸A

ルーフシェードの施工方法(工法特許取得)

低価格化(従来工法に比べ大幅削減)・短期施工(新工法で工期短縮)で驚異の遮熱効果を実現。
従来の折板屋根に対する直射日光対応策は、屋根材を二重構造にして内部にグラスウール等の断熱材を施す「屋根材二重構造」、 屋根材に特殊塗料を塗布して太陽光線を熱反射させる「遮熱塗装」、屋根にスプリンクラーを施して気化熱により温度上昇を低減させる「直接散水」や 屋上緑化などの対応策が施されていましたが、いずれも初期投資やランニングコスト面から得策とは言えず、 慢性化する夏場の電力不足に対応する節電・省エネ対策が急務となっています

ルーフシェード施工方法1

STEP.01|シェードブラケットを折板屋根に取付ける

専用ブラケットをボルト部分およびハゼ部分に挟み込み固定

ルーフシェード施工方法2

STEP.02|シェードフレーム(シート固定バー)をブラケットに固定する

フレームセンターに専用ビスを打込み固定
(ボルト式ビス2箇所 ハゼ式ビス1箇所

ルーフシェード施工方法3

STEP.03|ルーフスクリーンをアルミインナーで固定する

スクリーンをフレームボルトに差込みアルミインナーを挿入してフランジナットで固定

ルーフシェード施工方法4

STEP.04|シェードフレームカバーをナットで最終固定する

スクリーンを折り込みフレームカバー内に閉じ込めフランジナットで最終固定

ルーフシェード「ベストプライス保証」

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ

フリー用紙ダウンロード

メールでお問合せ

PAGE TOP

専門サイト紹介

株式会社ビニテン VINYTEN CORPORATION間仕切り総合サイトビニテン.com

株式会社ビニテン 東京都西東京市北町6-1-29 TEL:0120-2210-15 FAX:042-438-3708
Copyright(C)2013 Vinyten CORPORATION All Rights Reserved.