実証試験結果

省エネルギー効果試験(試験機関/財団法人 日本建築総合試験所)

ルーフシェードの施工有無による工場の仮想モデル試算結果(鹿児島県)では、5月~10月の間に於いて消費電力負荷削減率約44.4%の節電結果が実証されています。

ルーフシェード施工 工場の仮想モデル
●床面積:400㎡(20×20m)
●建物高:5m
●工場内部:天井や間仕切りのない一室間
(鹿児島県でのシミレーション)


ルーフスクリーン 年間CO2 削減量
147.9MJ/(㎡・年)×0.278KW・h×0.348kg=14.3kg/(㎡・年)
14.3kg×400㎡=5,720kg/年
約5.7トン削減(原油換算4.2kl)
※九州電力㈱の平成20年度分のCO2 排出係数(0.348kg-O2 /KWh)で算出
※上記数値は試験値であり、保障値ではありません。

降雨騒音試験

ルーフシェードの施工有無による降雨発生騒音の低減効果は、残響室試験装置上部3.5m上方から降雨装置(降雨量40mm/h)により水滴を落下させ騒音を発生させた試験結果、折板屋根外断熱・遮熱工法「ルーフシェード」を屋根上部に施工することで降雨による発生騒音を約19dB低減させる効果が実証されている。

降雨騒音試験データ

防火性能試験

防火性能認定(財団法人 日本建築総合試験所 <飛び火試験>)を取得しています。 建築基準法第68条の26第1項の規定に基づき、同法第63条同法施工令第136条の2の2(防火地域又は準防火地域内)の規定に適合した国土交通省の認定商品です。 (国土交通大臣認定 DR-1445)

温度推移の試験

屋根表面温度・体感温度変化比較
「ルーフシェード施工」・「高機能遮熱塗料」前後の温度差比較
試験機関/ETV環境省 環境技術実証事業

ルーフシェードデータ

施工前後の屋根材・屋根裏の温度変化
「ルーフシェード」施工前(8/17)・施工後(8/20)温度変化比較 試験機関/愛媛大学工学部環境建築工学科

ルーフシェードデータ

夏季・冬季の実測温度変化事例

施工前後の夏季屋根表面温度変化
「ルーフシェード」施工前(7/14)・施工後(7/14)温度変化比較
試験機関/某施工企業(山梨県)

ルーフシェードデータ

施工前後の冬季屋根表面温度変化
「ルーフシェード」施工前(12/22)・施工後(12/22)温度変化比較
試験機関/某施工企業(山梨県)

ルーフシェードデータ

屋根裏面温度比較試験

「ルーフシェード」施工前と施工後の屋根裏面温度をサーモセンサーで測定した結果
22.5℃低減を実証(冷暖房負荷率大幅削減) 8/22

ルーフシェードデータ

風洞試験

風洞試験により、ハゼ式では風速60m、ボルト式では風速40mに於いても飛散しないことを実証しています。
試験機関/日本ワイドクロス

ルーフシェードデータ

ハゼ式 ボルト式
風速60m 風速60m
異常なし 異常なし
風速60m 風速40m
異常なし 異常なし

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ

フリー用紙ダウンロード

メールでお問合せ

PAGE TOP

専門サイト紹介

株式会社ビニテン VINYTEN CORPORATION間仕切り総合サイトビニテン.com

株式会社ビニテン 東京都西東京市北町6-1-29 TEL:0120-2210-15 FAX:042-438-3708
Copyright(C)2013 Vinyten CORPORATION All Rights Reserved.